MENU

栃木県宇都宮市・小山市の屋根専門店スミタイ|栃木県宇都宮市の屋根カバー工法、屋根葺き替え、瓦、雨漏り修理はお任せ!

屋根工事・雨漏り修理専門店

点検・調査・お見積り、無料で承ります!

  • お電話はこちらから

    0120-918-519 火曜・水曜定休日 受付はGW・お盆・年末年始除き無休
    ※電話受付は18時までのため18時以降は
    フォームよりご入力頂くようお願い致します

  • メールはこちらから

    24時間受付

スミタイ屋根現場ブログ活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > スミタイ屋根現場ブログ > 屋根劣化知識 > スレートの屋根材の種類はいくつあるの?種類や特徴について

スレートの屋根材の種類はいくつあるの?種類や特徴について

屋根劣化知識

2023.06.20 (Tue) 更新

地域密着の屋根修理・雨漏り修理専門店のスミタイです✨✨

スミタイでは、雨漏り診断士や外装劣化診断士の資格を持ったプロが在籍しております!!

 

みなさん、こんにちは!! 屋根修理・防災・雨漏り修理専門店のスミタイの浅田です。

屋根材の種類には、日本瓦やスレート屋根、ガルバリウム鋼板屋根(金属瓦)などの種類がありますが、その中でもスレート屋根は日本でも多くの住宅に使用されています。
しかし、いろいろな呼び名が使用され 、ご自宅の屋根のスレートの種類を、特定できない方も多いのではないでしょうか。
今日は、スレート系屋根材の種類を、わかりやすく分類や形状なども紹介しています!!

スレート屋根とは?

スレートは粘土板岩の薄板を使用した屋根材のことで、「スレート瓦」とも呼ばれます。「カラーベスト」と呼ばれる場合もありますが、これはスレート屋根材の商品名です。
スレートはデザイン性が高く、薄く軽量で耐震性に優れているのが特徴で、建物の屋根材として広く普及しています。

戸建て住宅で用いられるスレート屋根は、セメントを主成分とする厚さ5mmくらいの薄い板のような屋根のことで、平べったい板(フラット)の形状をしています。

屋根カバー、ガルバリウム鋼板屋根|屋根リフォームメニュー|栃木県宇都宮市の屋根リフォーム・屋根板金・雨漏りならスミタイ

スレート瓦は、大きく分けて2種類!!

スレートと言っても大きく分けて2つの種類があります。
それが、「天然スレート」「化粧スレート」です。

天然スレートとは

天然スレートは、岩石である板岩(ばんがん)から切り出される建築材料の一種です。主に屋根材として使用され、その特徴的な外観と優れた耐久性で知られています。天然スレートは、地殻変動や圧力、高温などの自然力によって形成された岩石であり、非常に薄くて割れにくい特性を持っています。そのため、スレートは屋根材として非常に適しており、世界中で多くの建物で使用されてきました。天然スレートは本物の石をベースにつくられているため、重量があり、しかも非常に高価。あまり一般の住宅向けとはいえません。

※こちらのブログ内では、スレート=化粧スレートと定義して解説をていきます。

化粧スレートとは

天然のスレートを模倣した合成材料であり、軽量で扱いやすく、多様なデザインや色合いが提供されています。化粧スレートは、天然のスレートと比較して比較的低コストで入手できるため、人気があります。また、天然スレートよりも軽量であるため、施工が容易であり多くの住宅で使用されています。

化粧スレートの種類とメンテナンスについて

先程解説した化粧スレートの中にも種類がありますので、こちらではその種類について説明します。
基本的に原料は同じですが、加工の仕方によって厚さなどが異なり、それぞれ異なる特徴を持っています。

平板スレート

スレート屋根

平板スレート屋根とは「スレート」という板状の屋根材を重ねて造られる屋根のことです。屋根材1枚あたりの厚さが5mm程度と薄く、軽いため、地震に強いのが特長です。平板スレート屋根は、現在、日本の住宅で数多く採用されている標準的な屋根になります。

平板スレートのメンテナンス

主なメンテナンス方法は塗装です。防水性がなくなってしまったスレートを再び水を弾くようにするために上から塗装していきます。塗装を行うことで、スレート自体の劣化を遅らせることができます。傷みの症状が出てきたら早めに塗装工事を行いましょう。

塗装ができない屋根材に注意!

「スレート」の種類の中には、塗装でのメンテナンスができない製品不良のものがあります。※詳しくはこちらのブログを

スレートの劣化が進み、欠けや剥がれが多くみられ、塗っても意味がない状態になった時がスレートの寿命です。塗装でメンテナンスができないので、上から新しい防水紙と屋根材を葺き上げるカバー工事を行ないます。

本体葺き

厚型スレート

瓦棟、瓦漆喰工事|屋根リフォームメニュー|栃木県宇都宮市の屋根リフォーム・屋根板金・雨漏りならスミタイ

厚みを持たせて瓦形状にした化粧スレートを厚型スレートもしくはセメント瓦と呼ばれています。陶器製の瓦よりも安いため昔は人気の商品で、モニエル瓦と呼ばれる洋式のコンクリート瓦が世界的に流行していました。

1990年代に人気があった「セキスイUがわら」もこの厚型スレートの一種です。
ただ、現在では通常の瓦(陶器瓦)より耐久性が低く、平板スレートより高価なため、製造がされておらず、新たに入手することができない屋根材となっています。

厚型スレートのメンテナンス

セメント瓦も、モニエル瓦も、防水性がないため定期的なメンテナンスとして屋根塗装が必要です。塗膜が薄くなってしまうと雨水が染み込み雨漏りを引き起こす可能性が高くなります。雨水が浸透していくとセメントの成分であるカルシウムが流出してしまい、エフロレッセンス(白華現象)や表面のざらつきが起こります。そのため屋根材の強度が落ちていき軽い衝撃でも割れてしまうことがあります。また、屋根塗装だけでなく、棟部分にあ漆喰が使用されているため漆喰のメンテナンスとして、漆喰の詰め直しや棟の取り直しも必要です。

瓦棟、瓦漆喰工事|屋根リフォームメニュー|栃木県宇都宮市の屋根リフォーム・屋根板金・雨漏りならスミタイ

波型スレート

波型スレート

波状の形をしたスレートを波形スレートと呼びます。工場の屋根材として使われることが多い一方、一般住宅ではほとんど使用されていません。

波型スレートのメンテナンス

波型スレートのメンテナンスは、ボルトなどの部分補修、屋根塗装、カバー工法、葺き替え の4種類が選択することになります。

石綿(アスベスト)スレート

石綿とは、アスベストのことです。石綿(せきわん)と呼ばれる天然鉱物繊維を含んだ建築材料の一種です。石綿スレートは、耐火性、耐久性、断熱性に優れており、主に屋根材として使用されてきました。石綿は人体に対して健康リスクがあるとされています。特に石綿繊維が空中に浮遊したり、繊維が破損して微小な繊維が発生したりすると、吸入することで呼吸器系の疾患や発がんのリスクが生じる可能性があります。そのため、石綿スレートの使用は、安全な取り扱いや廃棄処理の規制が求められます。2000年よりも前に設置した化粧スレート瓦は要注意です。

ご自宅のスレート屋根にアスベストが含まれている屋根なのかを調べるには、建物の設計図に使用した屋根材が書かれているはずです。中古物件で設計図が見当たらない場合は、購入した不動産業者に問い合わせてみましょう。業者に調査を依頼する工務店やハウスメーカー、屋根職人さんなどに依頼して屋根材を調査してもらうことで、屋根材にアスベストが含まれているかどうかがわかります。

石綿(アスベスト)入りスレート屋根の改修方法

アスベスト入りの屋根でも、通常は表面がコーティングされているので、アスベストは飛散しにくくなっています。しかし経年劣化によりコーディングが剥がれたり薄くなったりすると、中のアスベストが飛散する恐れがあります。アスベスト入りのスレート屋根を塗装することは可能ですが、塗装では安全性を考えるとおすすめできません。アスベストが飛散してしまう可能性があるからです。

アスベスト入りスレート屋根の改修方法の選択肢は「葺き替え」「カバー工法」です。

葺き替えは、屋根材を降ろして新たな屋根材に載せ替える屋根の改修方法です。通常は屋根材がかなり劣化している場合にとられる改修方法ですが、アスベスト入りスレート屋根の場合は、少し問題があります。

アスベストは有害物質であり、解体や処分をする際の手順が通常の屋根材とは異なります。屋根材を撤去するときにアスベストが飛散しやすいため、作業員もそれなりの装備で作業に臨まなければなりません。また、撤去した屋根材の処分にも、通常の屋根材よりも多くのお金がかかります。

一方、カバー工法は、既存の屋根材を降ろさずに、その上に被せるように新しい屋根材を設置する屋根の改修方法です。アスベストが飛散する危険性が少ないので、カバー工法はアスベスト入りスレート屋根の改修に最適です。

葺き替えも選択肢ではありますが、処分費用がかさむことを考えると、現実的な選択肢はカバー工法ということになります。

まとめ

本日は、スレート屋根についてどんな種類があるのか、メンテナンス等についてお伝えさせて頂きました。ご自身のご自宅のスレート屋根材はどんな種類なのかわかりましたでしょうか?

ご自宅のスレート屋根について詳しく知りたい方やメンテナンスを10年以上していないという方は、まずは無料診断をおすすめいたします。お気軽にご相談お問い合わせください。

雨漏り、雨漏り修理|ベランダ防水工事|栃木県宇都宮市の屋根リフォーム・屋根板金・雨漏りならスミタイ

★無料診断、お見積もりはスミタイまで!!

現場調査、お見積もり、ご相談まで無料です(*’▽’) どうぞお気軽にお電話やメールでご連絡くださいませ。

★ドローン点検サービス

お客様の目でもその場で屋根や外壁の状況を確認できます!!

私が担当しました!

宇都宮東谷町本店 営業

浅田あさだ

元々が大工でしたので建物に関してのアドバイスはお任せください!! お客様の大切なお家がさらに素敵になるように、 しっかりと診断をしてお悩みに寄り添ってまいります。

所有資格

浅田のプロフィールを詳しく見る

代表からのメッセージ

お客様満足と全従業員の物心両面の幸せを追求すると同時に
関わる人々のTotal Winを目指し社会貢献をしていく

屋根リフォームや板金は技術で決まる。
この一点を思いながら屋根リフォーム業を手掛けてきました。
お客様の本当の満足は何なのか?を考えると、屋根に葺き替えや板金工事を通していかに家をいかに長持ちさせるかだと考えています。
板金工事と葺き替え工事は作り手の職人さんによって品質は変わります。
ですから、弊社では徹底的に自社管理施工と品質にこだわり本物の屋根リフォームをお客様にご提供したいと考えています。

建設業許可票

株式会社住泰

代表取締役社長千葉 猛

屋根専門ショールームでお待ちしています!

屋根工事・屋根塗装・屋根リフォーム対応エリア

  • 栃木県全域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

    宇都宮市、下野市、河内郡、鹿沼市、日光市、さくら市、上都賀郡、塩谷郡、大田原市、矢板市、那須塩原市、那須烏山市、那須郡、小山市、真岡市、芳賀郡、下都賀郡、足利市、栃木市、佐野市

他社とはココが違う!!屋根リフォームをスミタイに任せてよかった! スミタイ選ばれる理由。 REASON

スミタイ4つの安心システム

自然災害に備える屋根リフォーム

雨漏りや、自然災害に備えるためには定期的な診断と、劣化箇所の適切な処理が大切です。診断を間違うと、いくらお金をかけても雨漏りなどの原因になります。

  • 豊富な屋根の種類
    から選べる

    屋根のスペシャリストが寄り添い。

    屋根の素材は様々ございます。
    屋根のスペシャリストが皆様のご自宅に合った屋根をご提案させていただきます。

  • 火災保険サポート
    0円でリフォームの可能性

    火災保険のプロがご説明いたします。

    屋根リフォームは火災保険が適用できる可能性があります。火災保険のプロが保険適用かサポートを致します。

  • 雨漏り診断士による
    屋根劣化診断

    これがスミタイが選ばれる理由です!

    スミタイはとことん診断にこだわります。正しい診断がなければ正しい屋根リフォームはありえません。

  • お気軽にお越し下さい!
    ショールームで安心

    来て、見て、触れて、体感できる!!

    住まいのお悩み解決策が必ず見つかるショールームです。
    ぜひお気軽にお越し下さい!

スミタイの安心システムの詳細はコチラ

ドローンを使った無料屋根診断
屋根工事が初めての方へ
火災保険活用で修理できるかもしれません!!

地域密着のスミタイです

栃木県施工実績No.1、宇都宮市地域密着の屋根外壁専門ショールームを展開しております。外装リフォームのプロがお客様の立場でお家のことを考え、丁寧で分かりやすいご提案をさせていただきます。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-918-519火曜・水曜定休日 受付はGW・お盆・年末年始除き無休
※電話受付は18時までのため18時以降は
フォームよりご入力頂くようお願い致します

メールでご相談

屋根リフォーム施工事例

スタッフ紹介

私たちがお客様の家を
全力で守ります!

施工エリア

スミタイは栃木県の宇都宮市を中心に屋根リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図
  • 栃木県全域対応

    宇都宮市、下野市、河内郡、鹿沼市、日光市、さくら市、上都賀郡、塩谷郡、大田原市、矢板市、那須塩原市、那須烏山市、那須郡、小山市、真岡市、芳賀郡、下都賀郡、足利市、栃木市、佐野市

宇都宮市の外壁塗装、屋根塗装専門店スミタイ|栃木県宇都宮市の 外壁塗装・屋根塗装・板金・防水工事リフォーム ・雨漏り補修・ サイディング張り替え のことならお任せ スミタイの求人・採用情報